JINS-MEME.FIT

4. ケガ予防ラン実現のためのポイント

未分類 2019.06.12

 

走っていると足や腰に痛みが。。。
 
その痛み、アンバランスなフォームが原因かもしれません。
RUN NEXTで計測されるデータを読み解いて、痛みの原因を改善しましょう!

4-1 ケガ予防ランのポイントを理解しよう!

 
1-3
 
ケガ予防ランとは

・ソフトな着地
・上半身の安定
・左右の接地強度バランス

を整えることで、シンスプリント、ランナー膝(腸脛靱帯炎)、足底筋(腱)膜炎などのランニング障害を予防する走り方のことです。
 
JINS MEME RUN NEXTはランニング障害を予防するために3つのポイントを重点的にフィードバックします。

4-2 ソフトな着地を身につけよう

 
ソフトな着地とは、正確な着地位置で、足に負担の少ない走りができているか、を判定しています。
ソフトな着地ができていないと、強い着地の衝撃でブレーキをかけながら走ることになり、膝・腰を痛めやすくなります。
 
着地が強くなってしまう方は、「ソフト着地スキップ」で、地面にタッチする感覚で着地する意識づけをしてみてください。
 

 
また、上半身と下半身が連動できていないときも、べたっと足だけで着地してしまいます。
「腕回しスキップ」は上半身と下半身の連動を意識づけるエクササイズです。
 

4-3 上半身を安定させて全身でバランスを維持しよう

 
上半身の安定とは、上半身が無駄な動きをせずに、上半身と下半身の連動をさせることです。
上半身の安定がしていないと、目線が下がり猫背気味となり、足が上がらず引きずるように走ってしまうため転倒の危険もあります。
 
「ゴリラウォーキング」は肩甲骨と股関節をダイナミックに動かすエクササイズです。
上半身と下半身の連動性を手に入れるために実践してみましょう!
 

 
上半身を安定させるためには、左右のブレ(スウェイ動作)も小さくする必要があります。
体幹側面の筋力に偏りがあると、左右どちらかにブレやすくなり着地バランスの悪化にもつながります。
 
左右ブレを安定させるために効果的なのが「やじろべえ腹筋」です。
立ったまま実践できるので、定期的に行いましょう!
 

4-4 着地バランスを整えて不可の偏りを軽減!

 
左右着地強度バランスとは、左右の着地強さのバランスを表します。
左右着地強度バランスが整っていないと、どちらかの足に負担がかかりケガをしやすくなります。
 
左右着地バランスを整えるためには、上半身から意識しなければなりません。
「腕回しウォーキング」で上半身と下半身の連動をつくるところから始めましょう!
 

 
先ほど紹介した「ゴリラウォーキング」も、もちろん全身の連動性をつくるエクササイズなので効果的です!
 

 

また、右利きの人は、左足の蹴りが強い傾向があると言われます。
着地に左右差がある場合、ソールのすり減り具合にも左右で偏りがみられるはずです。
ぜひシューズのかかとをチェックしてみてください!
 
体のバランスを整え、痛みの起こりづらい走り方を身につけましょう!
 
>目次に戻る