JINS-MEME.FIT

Focus Time vol.012 – 2018年の集中データを振り返ろう!! –

REPORT 2019.01.17

あけましておめでとうございます!
 
今年も皆さんの毎日のお仕事が効率よく集中して取り組めるお手伝いをJINS MEME OFFICEでしていきたいと思います!
アプリアップデートもどんどんしていきますので、ぜひご期待ください!!
 
新年最初の記事ということで、まずは2018年の皆さんの成長を集中データで振り返り、2019年へと繋げましょう!!

月別集中率の変化で見えた成長

 
monthly
 
まずは1月から12月までの全ユーザー平均集中率の推移です。

途中、増加したり減少したりしましたが、全体の傾向として少しずつですが集中率が高まりました。
 
ちなみに、1月と12月の差は2.5%。
 
たった2.5%ですが、時間に置き換えると、
 

  • ・1日8時間働くとすると、2.5%は12分相当
  • ・週5日働くとすると、12分×5日=60分
  • ・月4週間あると考えると、60分×4=240分(4時間!!)
  • ・それが12ヶ月分あるとすると、240分×12=2880分(48時間!!)

 
乱暴な計算かもしれませんが、1月に比べて12月はそのくらい集中できるスキルが身についてきた、ということです!!
今年は去年より48時間分集中できるはずです。
その時間を何の作業に使いますか?

 

曜日別集中率、集中できないのはやはり…

 
weekly
 
次に、曜日ごとの集中率を比べてみます。
FacebookTwitterでは金曜日に集中率がダウンしている傾向を頻繁にお伝えしてきました。
1年通した結果を見てみても、やはり週後半にかけて集中率はダウンしていました。
 
月曜と金曜の差は1.3%。
 
たった1.3%ですが、先ほど計算した通り、積み上げた時にはものすごい時間のロス!ということになります。
1週間安定して集中できる状態を目指す、というのも今年のテーマになるかもしれませんね!

 

月別スプリント集中率の変化

 
monthly sprint
 
集中状態を効率よく作り出してくれるのが「スプリント」です。
では、どのくらい効果があるのか?実際のデータで見てみましょう。
 
スプリント集中率の変化は、通常の集中率よりも顕著に出ています。
6月に一度落ち込んだものの、その後徐々にスプリント集中率は高まり、9月と12月に50%を超えました!!
 
50%超えるということは、作業している時間の半分が集中状態に入っているということです。
「そのくらいは集中してるんじゃないの?」
と思った方、ぜひ自分の集中データと比べてみてください!!

 

スプリントユーザーはどんどん増えている

 
monthly sprint rate
 
少しずつですが、スプリント効果の認知が広がり、スプリント計測率が増えたのが2018年一番の傾向でした!
1月に2.4%だった利用率が12月には5.3%まで倍増しました!!
 
2019年はスプリントをベースにした新しい機能や使活用方法をお伝えしていきますので、まずは現行版を試してみてください!

 

スプリントをやるべきは金曜日?

 
weekly sprint rate
 
曜日ごとのスプリント利用率を見てみると、月曜から徐々に利用率は上がり、木曜でピークに。そして金曜日にがくっと下がります。
 

  • ・金曜日は集中しづらい曜日。
  • ・スプリントは集中状態を作り出してくれる機能。

 
ということは、スプリントを一番活用すべきは金曜日なのかもしれません!!
2019年は「金曜スプリント習慣」を定着させ、週を通して集中状態が安定する1年を実現してみませんか?

 

スプリント効果を高めてくれるコツをご紹介!!

 
monthly sprint image
 
やるべき事と締め切りを決める、たったそれだけの事でもすぐ作業に取り掛かる準備ができ、集中状態に入りやすくなります。
 
その効果をさらに高めてくれるコツは「できる限り具体的に決める」ことです!
 
「具体的」にするポイントとして「作業内容の量を決める」ということを実践してみてください。

例えば「提案資料作成」というタスクは
 

  • ・提案資料の目次を1案作る
  • ・必要なグラフを5つ作る
  • ・参考画像を10個探す
  • ・1ページ目を仕上げる
  • ・2ページ目の提案ページを仕上げる
  • ・3〜5ページ目の参考資料ページを仕上げる

 
という具合に、分解することでやるべきことが一気に明確になると思います。
 
具体的に分解することで「あー、企画資料作るかー、気分が乗らないなー、さてどこから手をつけようかなー…」という無駄な時間がなくなるはずです。
 
ぜひ、お試しください!!
 
 
 
以上、2018年の集中データを振り返り、成長ができそうなポイントまで見つけ、2019年成長の鍵となるスプリントのコツまでご紹介しました。
 
今年は昨年以上に皆さんのお役に立てるアプリに進化していくべく、チーム一丸となって取り組んでいきますので、よろしくお願いいたします。
 
 
JINS MEME OFFICEをインストール
※iOSのみ対応